ニュース&コラム

画像出典:

すっきりキレイ! 冷蔵庫収納の便利グッズ

2018年03月23日
  • 住まいのコツ

毎日開ける冷蔵庫。でも、どこに何が入っているか分からない、奥を探っていたら消費期限が切れた食材が出てきてがっかり…なんてことはありませんか? 一目瞭然、分かりやすい冷蔵庫にするための便利グッズを、収納する種類別にご紹介します!

粉ものは、広口の保存容器を使おう

Image
出典元: リビングート 楽天市場店

小麦粉や片栗粉、ホットケーキミックス、お好み焼き粉など、粉ものの保存はどうしていますか? 常温保存している人をみかけますが、粉ものはすべて冷蔵庫がベスト。常温だと小さなダニがついたり、酸化したりすることがあります。

とは言っても、輪ゴムでクルクルとまとめただけで冷蔵庫に入れるのもNG。しっかりと密閉できる広口の容器を選びましょう。粉を入れる時にもこぼれにくく、ダニなどがつくのも予防できます。

小麦粉などはよく使うものなので、下段、手前に置いておくと取り出しやすいですよ。

切った野菜や作りおきおかずはどう保存する?

Image
出典元: イケア 公式HP

作りおきおかずや野菜も、きっちり蓋がしまるものが便利です。プラスチック素材の容器で、セットで安いものが、イケアやニトリなどで販売されています。セットものを使うと冷蔵庫内に統一感が出ますね。

ちょっと残ったカレーやシチュー、ネギを小口に切ったもの、残り数個になったプチトマトなどは、密閉タイプの透明な袋へ。マジックで日付を書いておけば、いつ詰めたものか一目で分かります。もちろん、そのまま冷凍保存もOK。

ただし、奥に置いてしまうと、平らで表から見づらくなってしまうため、透明のボックスなどに入れて手前の方に置いておくことをおすすめします。

縦に伸びる野菜はその形のままストック

Image
出典元: 小物専科 しもやま 楽天市場店

ほうれん草、大根、ネギなど、縦に伸びる野菜は、倒れないように生えている形そのままに、縦に収納します。縦のまま収納するには、縦長な容器が必要ですね。

最近は、野菜専用の透明な容器も販売されています。それに野菜を入れておくと、野菜室の下の方で潰れることなく、また見やすい収納となります。容器代も節約したい! という人には牛乳パックを使った収納方法も。牛乳パックやペットボトルの上の方を切り落とし、根っこを下にして入れましょう。

瓶や缶はトレーに入れて取り出しやすく収納

Image
出典元: 小物専科 しもやま 楽天市場店

瓶や缶を冷蔵庫の奥に詰め込んでしまうのは、「入れたことを忘れてた…」なんてことが起こりやすいパターン。かといって、そんなに頻繁に使わない重さのある食材は、なるべく奥に入れておきたいですよね。

そんな時は引き出しやすい、取っ手のついたトレーやカゴを利用します。使いかけのジャムやオリーブの瓶、ビール缶などをきっちり詰めて、使う時はトレーごと引き出しましょう。さっと目を通せる状態にしておくと、傷まず最後まで使い切ることができます。

ちょっとしたグッズがあれば、冷蔵庫の収納は簡単にすっきりしますね。こまめに冷蔵庫内を拭くだけで、誰が見てもキレイに! 消費期限切れも防いで、料理の効率もアップする収納術を試してみませんか?