ニュース&コラム

画像出典:aijiro - stock.adobe.com

マスク肌荒れさんも注目! 敏感肌の正しい肌ケアを知ろう

2021年02月22日
  • ファッション・ビューティー

敏感肌の原因は、実はさまざま。最近はマスクによる肌荒れを起こす方も多いのだとか。この記事では敏感肌の原因と正しいケア、肌に良いとされる栄養素などを紹介します。一つ一つ試してみて、肌の調子を良くしていきましょう♪

敏感肌の原因はこんなにあった!

Image
出典元: kei907 - stock.adobe.com

敏感肌は、症状の原因を知ることで改善ができます。

・肌のバリア機能が低下
肌を守っている角質層が荒れ、肌のバリア機能が低下すると、乾燥、毛穴の詰まり、肌が知覚過敏を引き起こします。

・生活習慣の乱れ
睡眠サイクルや食生活などの生活習慣が乱れると、ダメージを受けた肌を修復してくれる成長ホルモンの分泌量が減ります。その結果、ターンオーバーのリズムが崩れ、バリア機能が低下し、肌が荒れて過敏になります。

・アトピー素因肌
「アトピー素因肌(そいんはだ)」をご存知ですか? 生まれつき、肌のバリア機能が弱く、アトピー性皮膚炎が起きやすい肌のことをいいます。

その他にも、生理周期や季節の変わり目、アレルギー反応などがあります。バリア機能を補強するためにはとにかく「潤い」が肝心です。

敏感肌の症状を和らげる方法とは

Image
出典元: sunabesyou - stock.adobe.com

敏感肌は、肌の健康に必要な栄養素をとることで改善が見られることも。皮膚を構成しているコラーゲンは、主にたんぱく質からできています。そのため、たんぱく質を多くとると肌の細胞を作る素材を補給するようなものなので、肌にハリが出るとされています。

さらに鉄分やビタミンをとれば、肌の新陳代謝が促進されるため、皮膚が新しい状態になりやすくなります。

また肌にやさしい低刺激性の化粧品を使うことで、症状が起こりにくくなることも。香料や着色料、メントールなどの清涼成分が配合されたものは肌の刺激となるため避けましょう。

敏感肌は肌のバリア機能が低下しがち。アミノ酸などのNMF成分を配合している化粧品は保湿に優れているのでおすすめです。

マスクによる肌荒れを防ぐには?

Image
出典元: starmix - stock.adobe.com

マスクを使うと、蒸れや摩擦によってニキビや吹き出物ができやすくなるため、対策は欠かせません!

・通気性の良いマスクを使う
マスクは通気性の良いものを選ぶことがポイントです。通気性が良くなると、マスク内の蒸れが減るため、アクネ菌が増殖しにくくなり、吹き出物ができる確率が減ります。

・しっかりと保湿クリームを塗る
マスクの装着前に保湿クリームを塗ると、肌とマスクの摩擦を抑えられ、肌荒れを防ぐことができます。マスクの装着前は念入りにクリームを塗っておきましょう。家に帰ってマスクを外した後も、洗顔後にクリームを塗っておくと効果的です。

・マスクはこまめに取り換える
マスクの中は使っているうちに雑菌が繁殖しやすい状態になります。マスクが湿ったり臭いがついたりしたら、すぐに交換して常に清潔な状態にしておくのもおすすめです。

世界的に感染が拡大している新型コロナの影響で、私たちの生活にはマスクが欠かせなくなりました。肌トラブルに悩み過ぎるのもストレスになり、肌に悪いです。「マスクのせいで肌がちょっと荒れているだけ。ある程度は仕方ないな」と、深く悩まずに過ごしくださいね。