ニュース&コラム

画像出典:モネ - stock.adobe.com

芸術の秋!「オンライン美術館」で家にいながらアート鑑賞

2020年10月15日
  • 季節のイベント

美術館や博物館の公式YouTube、Google Arts & Culture、HASARDなどで、美術作品が無料で楽しめることをご存知でしょうか? これらのサービスは、PCやスマホでも楽しめます。それぞれの魅力について、ご紹介していきます。

美術館や博物館の公式YouTubeは学芸員さんの解説付き

Image
出典元: agcreativelab - stock.adobe.com

国立西洋美術館や東京国立博物館といった大きな美術館は、YouTubeでギャラリーツアーをしています。おうちで美術館の名画や博物館の立体物などが見られるのはうれしいですね。

絵画以外にも、鎧(よろい)や器、着物など、多彩な芸術作品の動画があります。学芸員の方が詳しく説明してくれるので、分かりやすいのも魅力です。

国立西洋美術館
URL:https://www.youtube.com/channel/UCFtBgJ1ArMLvcpQeT2vNupQ/featured

TokyoNationalMuseum(東京国立博物館)
URL:https://www.youtube.com/user/TokyoNationalMuseum/featured

Google Arts & Cultureはデジタル世界の巨大美術館!

Image
出典元: Tsuneomp - stock.adobe.com

Google Arts & Culture(グーグル アーツ アンド カルチャー)はGoogleのサービスです。全世界2500カ所以上の美術館や博物館の芸術作品が無料で楽しめます。Googleのストリートビュー技術により、美術館や庭園を上下左右に視点を動かして見ることができます。

東京国立近代美術館や大英博物館など、世界中の美術館や博物館の中をバーチャルで歩いてみたり、アーティスト別に検索してそれぞれの画家の絵を堪能したりと楽しみ方はさまざま。しかも絵は拡大できるため、細部まで確認できます。

Google Arts & Culture
URL:https://artsandculture.google.com/

HASARDは驚くほどの高解像度に絵画が見られるオンライン限定の美術館

Image
出典元: nancy10 - stock.adobe.com

HASARD(アザー)では、オンラインでのみ鑑賞できる美術館です。解像度が非常に高いため、絵画本来の発色や細やかな表現などが楽しめます。

ミュシャやモネ、クリムト、ルノワールといった名だたる画家の展示会が、定期的に開催されています。時には、漫画の作品も見られます。

それぞれの展示会をクリックすると、スワイプで画家の生涯の話と作品を交互に見ることができ、まるで美術館内を巡っている気分になれます。

またオンライン個展も開催しており、申し込めば一般のアーティストも個展を無料で開くことができます。

HASARD
URL:https://wam-hasard.com/

お部屋でゆっくりと名画を楽しめるなんて素敵ですよね。美術館や博物館のYouTube動画、HASARDで好きなアートに触れたり、Google Arts & Cultureで世界各国の美術館をバーチャルで歩くのは、きっと感性に刺激を与えてくれると思います。

今年はオンライン美術館で絵画や立体物に親しみ、芸術の秋を満喫してみてはいかがでしょうか?