ニュース&コラム

画像出典:iStock.com/KatarzynaBialasiewicz

統一感を演出! 掃除をラクにする部屋づくり&収納のコツ

2019年03月07日
  • インテリア

個性的でかっこいいインテリアを購入しても、部屋全体で統一感がなくなって掃除もしにくい…なんて思ったことはありませんか? ここでは統一感のあるお部屋づくりのコツと、掃除がしやすいレイアウト・収納のポイントをお伝えしていきます。

掃除しにくい部屋の特徴とは? あてはまるものがないか要チェック

Image
出典元: iStock.com/frema

ものがたくさんあると掃除がしにくく感じてしまいますが、それ以外にも掃除しづらくなる原因がいくつかあります。

たとえば「床にものが多い」ことによって、まずはものを片付ける手間が生じるため、掃除に取り掛かるまでが面倒に感じてしまいます。本や化粧品、バッグなどを床に置きっ放しにしている人は、本棚やクローゼットに収納することを習慣にしましょう。

同じように、「テーブルやソファに置きっ放し」な状態では、掃除しようという気になれないのも当然です。書類や服をその辺に散らかしたままでは見た目も良くないので、テーブルやソファはなにも置かない状態をキープしたいですね。

コンセントの周りや小物の配置も見直してみましょう。使わない配線やケーブルが多いとホコリがたまりやすいだけでなく、火事の原因にもなりかねません。海外のお土産品のような、複雑な形状の小物は掃除がしづらくなる原因になりますので、処分を検討してもいいでしょう。

まずはゴミや不用品を断捨離することがスタート地点!

Image
出典元: iStock.com/maroke

テーマや配色がバラバラの家具があると、お部屋に統一感は生まれにくくなってしまいます。ものが多ければそれだけ掃除の手間が増えることにもつながりますので、まずはゴミやいらないものを断捨離してみましょう。

かさばる衣装ケースや使っていない家電など、体積の大きいものを処分できれば、気分もお部屋もスッキリ。余裕があれば本や服、食器といった小物も減らしてあげると、掃除の手間をグッと短縮できますよ。

掃除しやすい部屋をつくる3つのポイント

Image
出典元: iStock.com/bopav

お部屋のものを減らすことができたら、次に掃除しやすさを考えた収納に挑戦しましょう。

まず試していただきたいのが、処分しやすい収納グッズを活用することです。100円ショップやホームセンターに行くと、段ボール製の書類収納ボックスが売られています。このボックスなら汚れても簡単に処分できますし、買い替えも簡単なので掃除がはかどるはず。

使いやすさも考慮して、使用頻度の高いものを手前に置く工夫も大切です。毎日使う歯ブラシや洗剤が手が届きにくいところにあったら使いづらいですよね。使う機会が多いものは取り出しやすい場所に配置することで、気軽に手入れすることができます。

また、フタがある収納とフタがない収納を上手に使い分けできていますか? フタがない収納ならすぐに取り出せて中身も確認しやすいですが、ホコリがたまりやすいデメリットがあります。フタがある収納は衛生的に保てますが、取り出すのに若干の手間がかかるものも。2種類の収納をうまく使いこなすと、使い勝手が良く掃除がしやすい収納を実現できますよ。

掃除がラクになる家具選びのコツと注意点

Image
出典元: iStock.com/itakayuki

これから新しく家具を購入しようと思うなら、ぜひ心がけたいのが「高さ」の統一です。掃除のしやすさを考えると、できるだけ自分の肘より下の高さで家具を選ぶのがおすすめ、圧迫感もなくなって統一感が生まれやすくなります。

また、ソファの生地にはファブリック素材よりも合皮を選ぶと、ぐんと掃除がしやすくなります。デスクやローテーブルには、指紋が目立ちやすいガラス製ではなく、木製の天板を選ぶこともおすすめですよ。

パズルのように埋めるのではなく、空白を楽しもう

Image
出典元: iStock.com/urfinguss

収納スペースが残っていると、ついつい「あれをここに置けないかな?」と、パズルのようにレイアウトを考えてしまいがちです。しかし統一感のある掃除がしやすいお部屋を目指すなら、あえて空白をそのままにするのがポイント。

具体的には、棚やクローゼットの収納力に対して、収納するものの量を8割以下に抑えるのがおすすめ。見た目がスッキリするだけでなく掃除も簡単になり、人を呼びたくなるお部屋が出来上がります!

お部屋に置く家具やインテリアの量を減らすだけでも、掃除がしやすく統一感あるお部屋が生まれやすくなります。ここまでで紹介してきた収納のコツや家具選びのポイントも取り入れることで、理想のお部屋に近づけることでしょう。ぜひ試してみてくださいね♪