ニュース&コラム

画像出典:クロスロード福岡

実はうどん発祥の地。福岡っ子はうどん大好き! 人気店4選

2019年03月19日
  • ローカル情報

福岡といえばラーメン、というイメージを持っている人も多いですが、福岡っ子は「うどん」も大好き。実はうどんの発祥は福岡といわれており、そのルーツは鎌倉時代まで遡るとか。今回は人気のうどん店4選をご紹介します。

インパクト大の32cmごぼう天!「博多やりうどん」

Image
出典元: 博多やりうどん 公式HP

西鉄福岡(天神)駅構内にある「博多やりうどん」。もともとは北九州の折尾駅で昭和42年に開業したそうですが、今では博多うどんの代表格のひとつとなりました。

店名にもなっている「槍」に見立てた長さ32cmのごぼう天が入った「名物! 博多やりうどん」が一番人気。博多ならではのトッピングである手作りの丸天も入って満足度の高い一杯です。

その他、九州産銘柄鳥「華味鶏」を使った「かしわ親子うどん」や「かしわごはん」もおすすめです。

博多やりうどん
住所:福岡市中央区天神2丁目11-2-2 西鉄福岡(天神)駅構内 2F
URL:http://www.nishitetsu-plaza.co.jp/hakata-yariudon/

創業65年以上の老舗! こだわりの天然だし「因幡うどん」

Image
出典元: 因幡うどん 公式HP

昭和26年創業で65年を超える歴史をもつ「因幡うどん」。特筆すべきは、北海道羅臼産の天然昆布、長崎五島・島原産の煮干しいりこ、大分日田・原次郎左衛門の醤油、兵庫赤穂の塩など厳選された天然素材でつくられる「だし」。夏場はさっぱり、冬場はややこってり、という具合に煮込み時間や混合割合を季節に応じて調整、その時期に一番美味しく感じられるバランスで提供されています。

一押しメニューはやっぱり「ごぼう天うどん」。短くカットされたごぼうを丸いフォルムに揚げたごぼう天が、食べ進むとホロホロと崩れて、ごぼうの風味とだしが絶妙のハーモニーを醸し出す、人気の一品です。

因幡うどん
住所:福岡市中央区渡辺通2-3-1
UEL:https://inabaudon.com

まるでカフェ! おしゃれに讃岐うどんをいただける「うどん日和」

Image
出典元: うどん日和 公式Facebook

六本松にある「うどん日和」はカフェのようなおしゃれな店構えで、女性のお一人様でも入りやすいお店。コシのある「讃岐うどん」が提供されています。美味しさはもちろん、ツルツルとした光り輝くうどん麺そのものの美しさを絶賛するリピーターも多いとか。

開店時から変わらず人気の看板メニューは「アボカドと海老天ぶっかけ」。ヘルシーなのにボリュームたっぷり! 彩りが美しく、インスタ映えも期待できる女性好みの一品です。冬場は温かいぶっかけがある点も嬉しいポイントです。

うどん日和
住所:福岡市中央区六本松4丁目4-12
URL:https://www.facebook.com/pages/category/Udon-Restaurant/%E3%81%86%E3%81%A9%E3%82%93%E6%97%A5%E5%92%8C-174970076031150/

北九州発祥の肉うどんが博多で進化!「元祖肉肉うどん 川端店」

Image
出典元: 元祖肉肉うどん 公式HP

北九州の小倉が発祥といわれる「肉うどん」を進化させて博多うどんにした「元祖肉肉うどん」。コクのある黒いスープに角切りのお肉、そして生姜を加えたパンチが効いたうどんです。

特徴的なのは、うどんなのに「替玉」ができる点! しかも、「うどん」から「そば」や、「そば」から「うどん」と、種類を替えてのオーダーも可能。このサービスはうどん業界では画期的といえそうです。そして、たっぷり入った生姜は体を温めたり消化をよくしたりと効能盛りだくさん! 一見ボリューミーですが、実はヘルシーな肉肉うどん、一度は味わっておきたいですね。

元祖肉肉うどん 川端店
住所:福岡市博多区上川端町5-106
URL:http://nikunikuudon.co.jp

うどんだけでTV番組が出来上がるほど、福岡っ子にとってうどんは身近な存在。既にお気に入りのうどん店がある、という方も多いかもしれませんね。たくさんの名店がひしめく福岡、新しいお店の開拓も楽しいですよ!