ニュース&コラム

画像出典:

夏バテ予防に! ちょっとした工夫で夏の寝苦しさを軽減♪

2018年07月18日
  • 生活のお役立ち情報

気温が上昇するにつれ、ますます寝苦しくなる日本の夏。寝不足で翌朝も疲れがとれずに夏バテ気味…。そんなことになる前に、暑い夏でも快適に眠れる安眠グッズをご紹介します。

夏の万能オイル! ハッカ油を使いこなそう♪

Image
出典元:

ハッカ油のもととなるハッカ草は、スーッとした清涼感が特長のシソ科の多年草。ハッカ油の歴史は古く、紀元前より人々に利用されてきたといわれています。防虫効果や消臭効果があるアイテムとして有名ですが、夏の暑さ対策にもぴったりなんです。

まずはお風呂で。夏はついシャワーだけで済ませてしまいがちですが、「夏の隠れ冷え」から体を守るためにも湯船につかるのがベターです。でも、うだるような暑さの日は湯船に入るのもうんざりですよね。そんな時は、湯船にハッカ油を2~3滴入れて入浴してみましょう。入浴後もさわやかな清涼感が続きます。隠れ冷えが気になる人は、粗塩にハッカ油を入れたものをお湯に溶かしてから入浴すれば、清涼感はそのままに、体の芯を温めて疲れを癒してくれますよ!

また、ベッドシーツや枕カバーなどのリネン類にハッカ油のスプレーをすると、スーッとしたさわやかな香りと清涼感で暑さをしのぎやすくなります。ハッカ油のスプレーは傷みやすいので一度にたくさん作らず、少量をこまめに作るのがコツ。

【材料】
無水エタノール:10ml
ハッカ油:20~60滴(シーツなどに吹きかけるなら薄めから試し、虫よけなら濃いめに)
精製水:90ml

材料を入れたスプレーボトルをよく振ってから使います。エアコンをつけて眠ると体調を崩しがちな人は、ハッカ油スプレーを体に吹き付けてから寝ると、扇風機の弱風だけでも涼しく感じるはず。翌朝もスッキリ目覚められます。

夏素材の竹を寝具に! 熱を逃がして快適な睡眠を♪

Image
出典元:

夏になるとホームセンターなどでもよく見かける竹シーツ。なんとなくシニア向き? 硬そう…、などの印象が先走って、手を出しにくいアイテムかもしれません。しかし、寝苦しい夏の夜に竹シーツはもってこいなんです!

竹シーツとは、ドミノのように薄く四角に加工された竹が、連結してシーツ状になっているもの。竹自体は硬い素材でも、細かく連結されているので柔軟性があり、シーツとして使用できます。

竹の表面を拡大すると無数の穴があいていて熱をためない構造をしており、吸収した熱がすぐ放熱される性質があります。さらに連結部分が隙間となって熱を逃がすので、ベッドに入った瞬間のひんやり感が持続してくれます。なんと体感温度は-3度というから驚きですね。

ただし、安価なものの中にはプラスチック製もあるので要注意。素材によっては熱がこもり逆効果になってしまうので、本物の竹素材のものを選びましょう。また、連結部に髪が絡まってしまうことがあるため、枕の下にはバスタイルなどを敷いたり、長い髪はしっかり編んだりしておきましょう。

ハーブで入眠促進! 睡眠時間を確保すれば夏バテ予防に!

Image
出典元: カルディコーヒーファーム 公式オンラインショップ

夏バテとは、自律神経の乱れからくる不調のこと。乱れた自律神経を整えるには、良質な睡眠が不可欠です。物理的に体感温度を下げる工夫もいいですが、体の中からリラックスして気持ちよく眠れる工夫をしてみてはいかがでしょうか?

自然に気持ちよく眠るためにはハーブティがおすすめ! 安眠を誘うハーブとして有名なのはカモミールですが、少しクセがあって苦手、という人もいます。ブレンドされたハーブティだったら飲みやすく工夫されているので、上手く活用してみましょう。

うとうとしているくまさんのパッケージがかわいい「スリーピータイム」は、スムーズに眠りに導いてくれるハーブティで、心身をリラックスさせてくれます。カフェインフリーなので、安心して就寝前に飲めますね!

良質な睡眠をとって元気に過ごしたい人は、試してみてはいかがでしょうか。

セレッシャルシーズニング スリーピータイム 20P
価格:525円(税抜)
URL:http://pcube.ntcltd.com/item_cate/food/celestial/

エアコンだけに頼ると、人によっては夏バテなど体調不良の原因になることも。寝苦しい夜でも、翌朝に疲れを残さないためにできる対策はいろいろあります。自分でできる心地よい工夫で、夏バテとは無縁の生活を送りましょう!