ニュース&コラム

画像出典:

冷え性さんも必見! 寒い季節もおしゃれに過ごせるあったかファッション

2017年12月31日
  • ファッション・ビューティー

寒い季節、冷え性さんにとっては憂うつな時期に突入ですね。今回は、冷え性さんでも暖かく過ごせて、さらにおしゃれに見えるポイントを紹介します。

温めるべきポイント、まずは「3つの首」!

Image
出典元:

寒いからといって、着こむだけではおしゃれに見えません。温めるべきポイントをしっかり知って、効果的な防寒対策を心がけましょう。

冷え性さんが温めるべきポイントは、まずは「3つの首」。首、手首、足首は、肌の表面に近い場所に動脈が流れているため、気温の影響を受けやすく、冷えると全身に冷たい血液が流れてしまいます。しっかり温めておきたい最重要ポイントですよ。

中でも「首」は、温めることによって全身の血のめぐりが改善されるため、冷え対策には非常に効果的なポイントなのです。

「3つの首」を温めてくれるアイテムといえば、ストールやスヌード、グローブやレッグウォーマーなどのファッション小物。洋服に比べると、リーズナブルですので、複数揃えて、いろいろなおしゃれを楽しめます。

冷え対策の小物を充実させることは、冬のおしゃれなスタイルにも繋がり、一石二鳥です。

「腰まわり」を温めるのも重要! プロポーションの維持にも繋がる!?

Image
出典元: Romance KOBE (楽天市場)

続いて、女性にとって冷やしたくないポイントは「腰まわり」。腰まわりには、子宮をはじめとした大切な臓器がたくさんあります。臓器にとっても、冷えは大敵。しっかり温めることが健康維持に繋がります。

また、女性の場合、腰まわりに皮下脂肪がつきやすいそうです。脂肪は冷えやすい性質を持ちますが、体が冷えると血行が悪くなり、皮下脂肪がさらにつきやすくなる悪循環に陥ってしまいます。「おしゃれを楽しみたい」と思っても、下半身の脂肪が気になるなんてことにならないように、いつでもしっかりと温めておきたいですね!

おしゃれを楽しみながら腰まわりを温めるには、インナー選びがポイント! ボトムにひびかない、薄手ながら保温効果が高い腹巻も、さまざまなタイプがそろっています。最近は、保湿効果も期待できるシルク素材が人気だとか。

また、ロングカーディガンも、縦長のシルエットが着やせ効果を生みつつ、腰まわりの冷え対策にも有効です。冬はもちろん、冷房が気になる季節にも取り入れたいアイテムです。

重ね着のススメ。レイヤードスタイルで、「空気」の層をつくって温める!

Image
出典元:

冬のファッションとなると、ざっくりと暖かそうなニットや分厚いダウンコートなどに目が行きがち。でも実は、冷え対策には薄手のアイテムの「重ね着」が有効なんです。その理由は、重ね着することによって生まれる空気の層が温かさをつくってくれるから。

外気と室内の気温差が大きくなりがちな冬場は、1枚で保温効果が高いものをチョイスすると、暖かい室内では汗ばんでしまうことも。汗をかいたまま寒い場所に戻ると、体はさらに冷えてしまいます。だから、室温に合わせて脱ぎ着ができ、さらに空気による保温効果も期待できるレイヤードスタイルでのおしゃれがおすすめですよ。

冷え性さんにとって辛い、寒い季節。温めるべきポイントをしっかり知って、おしゃれで快適なファッションを楽しみたいものです。キーワードは、「3つの首」と「腰まわり」、そして「重ね着」。ぜひ、試してみてくださいね。