ニュース&コラム

画像出典: 出典元:artemisphoto/iStock/Thinkstock

あなたの毎日を変える!「花のある暮らし」

2017年11月04日
  • インテリア

あなたは最近、お部屋に花を飾っていますか? たとえ、お花が好きでも、部屋に花を飾るのは特別のときだけ、という人も多いのでは? 今回はもっと気軽に「花のある暮らし」を楽しめる、ちょっとした工夫をご紹介します。

予算を決めて定期的に花を買う習慣を

Image
出典元: Tatabrada/iStock/Thinkstock

まずは予算を決めましょう。500円くらいなら無理なくお花が買えるのではないでしょうか? そこで、仕事帰りに週に1回くらいのペースで、お花屋さんに寄りましょう。

ブーケやアレンジメントは可愛く心惹かれますが、今回はNG。丈夫で見栄えのする花を数本買いましょう。こうして習慣化すれば、お花のある暮らしがごく当たり前になってきそうです。どんな花が長持ちするかわからなければ、お店で聞いてみましょう。

もっと安く抑えたいなら、近所の商店街やスーパーへ。200円くらいでも、切り花が売られています。そのままだといかにも仏壇のお花に見えますが、短く切って可愛いグラスなどに活ければ、お洒落に演出できますよ。

花のある暮らしで部屋が自然と片付くようになる?

Image
出典元: Hemera Technologies/AbleStock.com/Thinkstock

お部屋に花を飾るメリットのひとつは、「部屋が自然と片付く」ようになることです。でも、これってホントかな?と思う方もいらっしゃるのでは。そこで、その過程をまとめてみました。なるほど、と思えてきませんか?

まずは、お花を買います。そして、お花を飾る周辺を、少しだけ片付けます。すると、その空間だけお部屋の中で、なんだか特別な空間に見えるようになります。こちらに、小さなフォトフレームを置いたり、お気に入りのオブジェを飾ったりしてもステキです。

たとえば、小さなテーブルの上、台所のシンクのそば。いつもはごちゃごちゃとした空間が、ちょっとオシャレになるの、楽しいですよね。こうした場所を少しずつ増やしていけば、部屋はだんだんと、きれいに整ってくるわけです。

気負わず自然に!花のある暮らしを長続きさせるコツ

Image
出典元: izzzy71/iStock/Thinkstock

お花のある暮らしにはメリットが多いとわかっても、「やっぱり大変そう、お金もかかるし長続きしない気がする」という方に、長続きする3つのコツをご紹介します。

1.アレンジメントではなく単品で買う
お花屋さんに並んでいるアレンジメントや小さな花束は、とてもかわいくて心惹かれますが、ある程度のお値段になってしまいます。長続きするには、コストを抑えて楽しむことも重要。そのため、「ガーベラ3本」などのように、単品で買うとよいでしょう。

2.少ない本数でも見栄えがして長く咲く花を選ぶ
単品で買う場合、お花によっては、どうしても見栄えが寂しくなってしまいます。そのため、少ない本数や単品でも、見栄えがするお花を選ぶとよいでしょう。また、なるべく長持ちするお花を選ぶのもポイントです。

3.身の回りにあるものを使って飾る
既存の花びんを買わずに、あなたのセンスを活かして、空きビンや空きカン、マグカップや湯呑みなどに、1輪だけさしたり、短くカットするなどして、飾り方を工夫しましょう。お洒落感が、さらにアップします。

少ない本数のお花を買って、身近な器にさす。これなら、すぐにでも始められそうです。まずは、お花屋さんの前で立ち止まってみましょう。花を飾ることで、忙しい毎日の中で忘れてしまいがちな、季節感や美しさを愛する心を、ゆっくりと取り戻していきましょう。お部屋も、自分自身も変えてくれそうなお花のある暮らしを、気軽に始めてみませんか?