ニュース&コラム

画像出典:出展元:yocamon/iStock/Thinkstock

見た目も機能も◎! インテリアになじむオシャレな加湿器3選

2017年10月19日
  • インテリア

そろそろ乾燥が気になってくる季節。おしゃれなお部屋やインテリアにぴったりで、スタイリッシュなデザインの加湿器をご紹介します!

はじめに、加湿器のタイプを知っておこう

Image
出典元: 出展元:BrianAJackson/iStock/Thinkstock

部屋の湿度を上げる、という点ではどれも同じように思える加湿器。でも実は、いくつかのタイプに分けることができるんです。

<スチーム式>
ヒーターで水を温めて、蒸気を放出するタイプ。沸騰させるため、カビや雑菌が放出される心配がありません。小さなお子さんがいるご家庭では、注意が必要です。消費電力は多少多め。

<気化式>
水分を含んだフィルターに風を当てることで、湿った空気を放出するタイプ。カビや雑菌が放出されないよう、フィルターの手入れが重要です。消費電力は少なく電気代が抑えられます。

<超音波式>
超音波の振動で、水を細かくしてミストを放出するタイプ。水の粒子をそのまま飛ばすため、水に含まれたカビや雑菌が放出されないよう、手入れが重要です。消費電力は少なめ。

以上の3タイプのほかに、気化式とスチーム式を組み合わせたハイブリッド式もあります。今回は「気化式」「スチーム式」「超音波式」からそれぞれ1機種ずつ、おしゃれな加湿器を探してみました!

おしゃれ家電好きなら見逃せない! 「BALMUDA Rain」

最初にご紹介するのは、気化式加湿器「BALMUDA Rain(バルミューダ レイン) Wi-Fiモデル」です。

デザイン家電のBALMUDAが作る加湿器だけあって、とにかく美しいのはその壷のようなフォルム。一見加湿器とはわからないデザインで、リビングの床にさりげなく置いておいても、さまになります。

見た目だけでなく、衛生面にも充分に配慮。空気清浄機で使用されているフィルターを内蔵し、本体にホコリや雑菌が入らないような仕組みとなっています。

タンクを持ち運ばず、水を上から本体に注ぎ入れるだけで給水ができるタンクレス構造、スマートフォンで遠隔操作ができるなど、便利機能も満載です!

BALMUDA Rain(バルミューダ レイン) Wi-Fiモデル
価格:46,800円(税込み)
HP:https://www.balmuda.com/jp/rain/

洋室にも和室にも溶け込むデザイン「mood 超音波式加湿器」

インテリアと調和する家電を提供するブランドmoodから発売されている超音波加湿器は、ストーン柄でまるで恐竜のたまごのようなデザインが特徴的です。

強・中・弱の3段階で、加湿量を調整可能。操作方法も簡単です。アロマオイルをセットすれば、アロマ入りのミストが楽しめます。

色は、大理石(ブラック)、御影石(グレー)、流紋岩(アイボリー)の 3色。お部屋のテーマカラーに合わせて選べるのが嬉しいですね。

mood 超音波式加湿器 KMWR-302
価格:9,980円(税込み)
HP:http://www.d-designing.com/brand/mood/kmwr-302.html

美術館にも収蔵された極上デザイン「±0 (プラスマイナスゼロ)加湿器ver.3」

±0 (プラスマイナスゼロ)の加湿器ver.3は、つややかなドーナツのような上品なデザインのスチーム式加湿器です。有名なプロダクトデザイナー深澤直人氏のデザインによるこの加湿器は、ニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久保存作品にも選ばれています。

付属のアロマポットに、アロマオイルをセットすると、スチームの熱でオイルの良い香りがお部屋中に広がります。

標準モード(8時間)と長時間モード(18時間)の切り替えが可能。水がなくなるとセンサーが感知して、自動ストップするなど、安全性にも配慮しています。

mood ±0 (プラスマイナスゼロ)加湿器ver.3
価格:20,520円(税込み)
HP:https://www.plusminuszero.jp/item/655/

こんなにおしゃれな加湿器がおうちにあったら、気持ちも癒されそう! 美容にも健康にもいい加湿器。上手に選んで、さわやかに過ごしたいものですね。