ニュース&コラム

画像出典:出典元:PhonlamaiPhoto/iStock/Thinkstock

【なぜ?冷蔵庫で?】お金が貯まる!冷蔵庫整理術

2017年09月09日
  • 住まいのコツ

今、あなたのお家の冷蔵庫に何が入っているか、キチンと答えられますか?スラスラ答えられた人は、お金持ちになれる資格アリ。ほとんど答えられなかった人は、ひょっとしたら無駄遣いをしているかもしれません。 なぜなら、冷蔵庫の中を把握していると、ムダ買いや廃棄ロスがなくなっていくから。結果的に食費・電気代と

見習うべき!お金が貯まる人の冷蔵庫はとってもシンプル

Image
出典元: Anna_Om/iStock/Thinkstock

気をつけているのに、ついつい無駄にしてしまうこともありますよね?では具体的にどうすれば、そんな無駄をなくすことができるのでしょうか?そこで、見習うべき冷蔵庫の特長をあげてみましょう。

(1)大容量冷蔵庫でない
「必要なものを必要なだけ」の考えだと、大きな冷蔵庫は必要ありません。数日間必要なだけの食料品を購入しています。

(2)整理整頓されている
冷蔵庫の中身がきちんと整理されていると、どこに何が入っているのかひと目でわかりますね。こうすることでムダがなくなり、きちんと最後まで使い切ることができるようになります。

次に、このことからお金が貯まるための冷蔵庫整理術について迫ってみましょう。

お金が貯まる冷蔵庫の整理術【食費編】

Image
出典元: Koji_Ishii/iStock/Thinkstock

お金が貯まる人の冷蔵庫は、それほど大容量ではないということでした。でも、「もう大容量冷蔵庫を持っている」という人が、お金が貯まらないということではなく、お金が貯まる整理の方法さえわかってしまえば大丈夫なんです!お金が貯まる冷蔵庫整理術、まずは食費編です。

・計画的に購入
お肉など「1kg特売」といった文字を見るとつい、たくさん買いだめしたくなってしまいますがそこは我慢。家族の人数を考えて数日で使え切る量を計画的に購入します。もしどうしても買う必要があるときは、ジップロックなどに小分けにして日付を記入、冷凍庫に入れておきます。

・消費期限をマメに確認
食べ物を腐らせるということは、もったいないだけでなく、お金もロスしてしまうということ。ドレッシングやタレなど、消費期限が長いからと放っておくと、いつの間にか消費期限が切れているということになります。

・誰が見てもわかるように整理整頓
1段目はお味噌やお漬物、瓶詰めなど保存がきくもの、2段目はお肉といったように、家族にもわかりやすいように食べ物を入れる場所を決めましょう。置き場所を決めておくことで、ひと目で何が入っているのかわかり、廃棄ロスを防ぐことができます。また、悩まずにさっさと出し入れできて電気代も削減できます。

・下ごしらえをして保存
ほうれん草などの青菜類を冷蔵庫にそのまま入れておいたらしなびてしまった、ということはありませんか。そういったことを防ぐために、ほうれん草などは買ってすぐに茹でて小分けにし、日付を入れてタッパーなどに入れて保存しておきます。

お金が貯まる冷蔵庫の整理術【電気代編】

Image
出典元: BravissimoS/iStock/Thinkstock

冷蔵庫って、実はお家の中で2番目に消費電力が高い家電なんです(経済産業省資源エネルギー庁調査より)。だからこそ、ちょっとした整理術でかなりの節約ができるところでもあるんです。

・ギュウギュウに詰めない
冷蔵庫の壁側までギュウギュウに詰めてしまうと、冷蔵庫内の冷気の回りが悪くなり、余分に電気を使ってしまいます。なので、冷蔵庫のファンの回りには、ものを置かず中も物を詰め過ぎないようにしましょう。

・誰が見てもわかるように整理整頓
これは、食費のところでもありましたね。誰が見てもすぐにわかるように整理整頓しておくと、冷蔵庫を開けたままにして、ものを探す必要がありません。また、常備菜や調味料などよく使う食品は、カゴなどに入れてまとめておくと便利。使う時はカゴごと取り出して、食事の準備が終わってから冷蔵庫に戻すようにすれば、何度も開け閉めする無駄が省けますよ。

また、整理術とはちょっと違いますが、冷蔵庫を壁にぴったりつけてしまうと、熱がこもって電気代が上がってしまいますので、要注意!

整理整頓、冷蔵庫にものを詰め過ぎない、必要な分だけを入れておく…。お金が貯まる整理術は、とってもシンプルでわかりやすく、誰にでもすぐに真似できそうなものばかりです。食費・電気代だけでなく、生活全般で「シンプル」を心がけていれば、気がつけばお金がたくさん貯まっているかも!?