ニュース&コラム

画像出典:

間違ったお手入れに注意! 冬の乾燥肌対策

2018年02月03日
  • ファッション・ビューティー

空気が乾燥する冬。冷たい風にさらされたり、湿度が低い暖房の効いたお部屋で過ごしたり。お肌は思った以上に、ダメージを受けています。そんなお肌の乾燥対策を、スキンケア・食生活・生活習慣など、さまざまな角度からご紹介します。

乾燥対策のために、スキンケアで注意すべきこと

Image
出典元:

まずは、体の外側からのスキンケアについて。乾燥対策のためのお手入れというと、まずは保湿クリームと思っている人が多いようですが、その前に乾燥しないためのケアも大切。乾燥しないためのケアについてご説明しましょう。

・洗顔、クレンジング
汚れを落としたいからと熱いお湯で顔を洗っていませんか? 熱いお湯は、顔に必要な皮脂まで落としてしまいます。また、ゴシゴシとこするのもNG。肌を傷めて乾燥へとつながります。洗顔には、ぬるま湯を使いましょう。

・化粧水
化粧水は洗顔した後、お風呂から上がった後に、すぐつけること。時間をおくと、その間に水分がとんでしまいます。セラミドやコラーゲンの成分が入った化粧水をたっぷりとつけましょう。

・保湿
いわゆる保湿クリームやオイルには、水分を補う役割はありません。化粧水をつけたらすぐに保湿クリームを塗りましょう。ワセリン、最近注目のヘパリン類似物質などは、保湿クリームとしておすすめですよ。

食べて保湿! 乾燥対策にはこの食べ物!

Image
出典元:

健康に良いメニューは、お肌にも良いとされています。なかでも、乾燥対策になる栄養素はビタミンやミネラル、必須脂肪酸。これらを上手にとり、体内からお肌の乾燥予防と改善につなげていきましょう。

・ビタミン
代表的なのはビタミンC。抗酸化作用が高く、コラーゲンの生成に役立つビタミンです。ミカンなら、たくさんビタミンCがとれますね。肌や粘膜の潤いを保つビタミンA、不足すると肌荒れになるビタミンBなども大切です。

・ミネラル
美肌、美髪に欠かせない栄養素が、ミネラルです。ビタミンをとっているのに肌がカサつく時は、鉄分や亜鉛が不足しているのかも。貝類やレバーなどで補いましょう。食事でとるのが難しい場合は、サプリもおすすめです。

・必須脂肪酸
オメガ3系脂肪酸って聞いたことありますか? 必須脂肪酸の一つで、肌のターンオーバーに関わる栄養素です。現代人の食事は、このオメガ3系脂肪酸が不足しがち。魚介類やエゴマ油などで補うことができます。

目指そう! 潤い肌のための生活習慣

Image
出典元:

冬のお肌の乾燥は、湿度が低い季節だからというのもありますが、気温が低くなり、体の新陳代謝が低下することも原因になっています。新陳代謝を促し、お肌の潤いを取り戻すために、次のことを実行しましょう。

・体を動かす
体を動かして、しっかり汗をかくことが大事。汗はミネラルや尿素など、天然の美容成分を含んでいます。また、運動することで代謝がアップします。

・質の高い睡眠をとる
忘年会に新年会、バレンタインなどイベントの多いシーズンですが、十分な睡眠をとらなければ、肌のターンオーバーは促されません。深い睡眠を十分にとりましょう。

・ぬるいお風呂に入る
寒いから熱いお風呂に入り、短時間で上がる、なんてことはありませんか? 熱いお湯は、お肌に必要な皮脂を落としてしまうので、乾燥しやすくなります。ぬるめのお風呂に20分程度入り、肌を傷つけないよう泡でやさしく洗いましょう。

お肌の乾燥対策には、体の内側と外側、ダブルのアプローチがおすすめです。お肌の乾燥対策をしっかりしていると、風邪の予防にもなるという嬉しいメリットもあります。少しずつでも実行して、乾燥知らずのツヤツヤの肌を手に入れたいですね!