ニュース&コラム

画像出典:iStock.com/itakayuki

効果抜群! リーズナブルに「白い歯」を手に入れよう

2019年12月12日
  • ファッション・ビューティー

毎日きちんと歯を磨いているのに、黄ばんだ歯。その原因には、飲食物や加齢、虫歯などさまざまなものが考えられます。ここでは原因別の効果的な対策・予防法を取り上げていきますので、リーズナブルに白い歯を取り戻しましょう。

歯磨きしても落ちない「黄ばみ」の原因とは?

Image
出典元: iStock.com/kuppa_rock

毎日歯磨きしているはずなのに、なかなか落ちない黄ばみ。その原因にはいくつかのパターンがあります。

1つ目は、食べ物による着色汚れです。ワインや紅茶に含まれるポリフェノールが歯のエナメル質のタンパク質と結合し、ステインと呼ばれる黄ばみの発生につながります。タバコのヤニや、コーヒーに含まれるクロロゲン酸なども着色の原因となります。

2つ目は、歯石や虫歯によるものです。不完全な歯磨きによって歯垢が溜まってしまうと、歯石となって口臭や黄ばみの原因となってしまいます。虫歯が増えると歯のミネラル分が溶け出してしまい、歯のツヤがなくなって着色が目立ちやすくなることもあります。

3つ目は、加齢によるものです。年を重ねるにつれて歯の表面にあるエナメル質が摩耗し、歯の内側にある象牙質(ぞうげしつ)と呼ばれる部分が露出しやすくなります。この象牙質も加齢によって色が濃くなる傾向があるため、黄ばんだように見えるのです。

着色を落として真っ白な歯を手に入れるための対策

Image
出典元: iStock.com/AndreyCherkasov

では、真っ白な歯を取り戻すためにできる予防策にはどんなものがあるのでしょうか。

まず飲食物による黄ばみ対策には、食後の小まめな歯磨きが大切になります。特にステイン除去効果のある歯磨き粉を使うようにすると、着色汚れを防ぐことができます。タバコやポリフェノールを多く含む食品を控え、ステインが溜まりにくくすることも効果的です。

歯石や虫歯による黄ばみを予防するためには、口の中の清潔さを保てるよう、唾液の分泌を促す生活を心がけるのがおすすめ。食事中はよく噛むことに気を配ったり、小まめな水分補給をしたりと、口の中が乾いてしまわないように注意してみましょう。

加齢による黄ばみは防ぐのが難しいですが、専用の薬剤を使ったホワイトニングを受けることで、白さを取り戻すことができます。すぐに歯を白くしたいと考えるなら、歯科医院でホワイトニングについて案内してもらうとよいでしょう。

歯を傷つけて逆効果に! やってしまいがちなNG行動3つ

Image
出典元: iStock.com/metamorworks

「歯を白くしたいから…」と、重曹や塩を使って歯磨きしていませんか? 実はその行動、白い歯を手に入れるためには逆効果になってしまうことがあるんです。

たとえば、塩をそのまま歯ブラシにつけて歯磨きをしてしまうと、歯の表面を傷つけて汚れが溜まりやすくなる原因を作ってしまう可能性があります。研磨剤が入った歯磨き粉を使うことも、塩と同じように汚れが蓄積する原因となります。重曹を歯磨きに使っている人もいるかもしれませんが、重曹も研磨作用が非常に強いため控えたほうがよいでしょう。

リーズナブルに白い歯を取り戻すためのポイント

Image
出典元: iStock.com/OlgaMiltsova

歯の黄ばみを効果的に落とすならホワイトニングがおすすめではありますが、「費用が高くて手が出せない…」という方も多いかもしれません。そんな時は、薬局で売られているステイン除去アイテムを使うのがおすすめです。

ホワイトニング効果のある歯磨き粉や、歯の表面を磨くホワイトニングペンなどがあります。また、歯科医院でホワイトニング用の薬剤を処方してもらって、自宅で行う「ホームホワイトニング」という手段もあります。

こうした方法ならリーズナブルかつ効果的に白い歯を取り戻すことができるので、ぜひ試してみてください。

1万円~OK! 割安でホワイトニングを受けられることも

Image
出典元: iStock.com/andresr

上で紹介したような方法には不安がある、あるいは試したけど白くならなかったという場合には、歯科医院でホワイトニングを受けることも検討してみましょう。

ホワイトニングは保険適用外なので高価なイメージですが、キャンペーンなどを行っている歯科医院を選べば1万円台から施術を受けられるところもあります。近所の歯科医院を調べてみたり、ネットで口コミを検索してみたりして、自分の予算に合ったホワイトニングが受けられないか探してみましょう。

歯に黄ばみが発生してしまう原因には、食べ物や虫歯、加齢などさまざまなものが考えられます。入念な歯磨きやステイン除去アイテムを使って汚れを落としたり、ホワイトニングを受けて白い歯を取り戻したりするのが効果的です。自分に合った方法を選び、美しい歯を手に入れましょう。