ニュース&コラム

画像出典:iStock.com/Anchiy

冬気分が盛り上がる! 男女兼用のマフラーの巻き方!

2018年12月19日
  • ファッション・ビューティー

北風が吹き始め、いよいよマフラーのおしゃれが楽しい季節到来です。首元をポカポカにしてくれるマフラーは、喉を温めて風邪を予防してくれるほか、ファッションの主役にもなっちゃうありがた~いアイテムです。今日は男性にも女性にもおすすめのおしゃれなマフラーの巻き方をご紹介します!

オフィススタイルにもぴったり! 端正な表情の「ワンループ巻き」

Image
出典元: iStock.com/gruizza

簡単でスマートな印象のワンループ巻き。シンプルに仕上げたい時や、トラッドなファッションにぴったりの巻き方です。きちんとした印象なのでスーツやオフィススタイルにもおすすめです。

1.マフラーを好みの幅に折る。
2.半分の長さに折って首にかける。
3.ループ部分にマフラーの端を通して形を整える。

ボリュームが控えめな上マフラーの端がひらひらと邪魔にならず、混雑時の電車内でもおさまりが良いのがポイント。女性の場合は上品に、男性の場合はスマートな印象に仕上がります。

リバーシブルマフラーならより美しさが際立つ「ピッティ巻き」

Image
出典元: iStock.com/Image Source

ピッティ巻きは別名ミラノ巻きとも呼ばれる巻き方です。リバーシブルマフラーで結べば、バランス良く出て華やかな印象に仕上がるのが特長。シンプル過ぎず適度なボリュームで、性別や年齢関係なくおしゃれ上級者に見える巻き方です。

1.好きな幅に折ってスタンダードな1重巻きにする(どちらかの端がやや長めになるように)。
2.首に巻いた輪の部分に上から手を入れ、長めに残したマフラーを引っ張り出しループを作る。
3.ループに短く垂らした方のマフラーを通し形を整える。

首回りの風をしっかり防いで、とっても暖かい巻き方です。気取らないおしゃれさやダンディーなイメージを出したい時にぴったり。フリンジ部分の長さをアシンメトリーにすると、さらに表情豊かになります。

カジュアルスタイルにぴったり! 小顔効果もある「ぐるぐる巻き」

Image
出典元: iStock.com/Ales_Utovko

ジーンズやレギンスコーデにもぴったり! カジュアルで若々しいぐるぐる巻きをご紹介します。巻き方は簡単ですが、マフラーの端を入れ込むとフリンジ部分が見えなくなり、がらっと印象が変わります。

1.好きな幅に折ったマフラーを首にかけ、喉元で一度交差する。
2.交差したら首の後ろに持っていき、一重結びにする。
3.端を前に持ってきて、フリンジが隠れるようにふんわり入れ込むとスヌード風、端を入れ込まずフリンジを出すとよりカジュアルな印象に。

あまりきつく結ばずにふわっと仕上げるのがポイント。顔周りにボリュームが出るので、小顔効果もあるのがうれしいところです。トレンドのオーバーサイズニットのコーデもボリューム負けしません。

ご紹介したのは後ろで結ぶ巻き方ですが、結び目を横や前に持ってくることで、また違った雰囲気を楽しめます。

冬のおしゃれに欠かせないマフラーやストール。顔周りがパッと華やかになって、首元から入る冷たい風もシャットアウトしてくれるなんて、いいことずくめのアイテムですよね。巻き方を工夫しスタイリッシュに使いこなして、ワンランク上のおしゃれに挑戦してみませんか?